石の老舗こしば

会社案内

石の老舗こしば

〒310-0064
茨城県水戸市栄町2-7-23
電話番号 :0120-310-148
FAX番号   :029-231-0575

関東全域対応致します
東京都・神奈川県・
千葉県・埼玉県・群馬県・
栃木県
【茨城県内全域】

■県北
大子町・常陸大宮市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・日立市・那珂市・東海村・ひたちなか市
県央
水戸市・城里町・笠間市・大洗町・茨城町・小美玉市
県西
桜川市・筑西市・下妻市・結城市・八千代町・古河市・五霞街・堺町・坂東市・常総市
県南
土浦市・つくば市・つくばみらい市・守谷市・取手市・牛久市・竜ヶ崎市・取手市・利根町・河内町・稲敷市・美浦村・阿見町・かすみがうら市・石岡市
鹿行
鉾田市・行方市・鹿嶋市・潮来市・神栖市




石の種類

こしば石材は、日本の風土に合った国産墓石販売店です。
国産墓石であることを証明する、信頼の「産地証明書」を発行いたします。
詳しくは日本石材産業協会のホームページをご覧ください。

国産墓石材

庵治石(あじいし)
最大の特徴は「斑(ふ)」と呼ばれる模様。世界に類のない質の高さと稀少価値から、石材の単価としては世界一と評価されています。


本小松石(ほんこまついし)
本小松石は現存する石材の中で最も古い歴史を持ち、切り出した状態では表面が赤褐色をしています。本磨きの加工をすると小松石独特の模様と緑色の石面になり、多くの人々に愛されています。


万成石(まんなりいし)
美しい淡紅色が特徴故に柔らかく見られがちだが実に硬い花崗岩。用途は銅像台・
墓・石彫・碑・建築等に使用されています。


真壁小目石(まかべこめいし)
真壁小目石は白色または薄青、薄黒を帯びた白色をしており硬質で吸水率も低く、研磨すると光沢に優れており光沢の持続性も極めて良いため墓石材として最適といわれています。産地が茨城県真壁町であることから真壁石と呼ばれており、中でも石目の細かい真壁小目石は吸水率の低い上質な墓石材です。磨いた面は微かに青みを帯び、青みや黒みが強いほど高級とされ価格が高くなる傾向にあります。


伊達冠石(だてかんむりいし)
宮城県産出の両輝石安山岩。
鉄褐色の色合いを内包し、時と共に味わい深い色になります。
艶持ちもよく、いつまでも変わらない光沢と渋い色合いが、多くの人々を魅了しています。
また、あえてピカピカに磨かず、水磨き仕上げにすると、ひかえめに艶をたたえた仕上りになります。
淡く光をあびながら、すずやかで凛とした石肌が魅力です。


様々な石種を用意していますので、お気軽にご相談ください。